「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 28日

Practice

b0037676_21393315.jpg
梅雨も再開し外に出られない鬱陶しい天候が続いているが
小生には非常に好都合なのである。練習日和なのだ!
「今日は天気が良いから何処かへ・・・」といった誘惑や
蒸しかえった部屋の中、劇団ひとりよろしく暗く汗臭く練習することもなく
涼しく、しかも雨音で練習騒音(?)をカモフラージュ出来るという得点付き。
What a wounderful Season !

b0037676_21394999.jpg
それにしてもやればやるほどパーカーの偉大さが身に染みる。
Tempo-224なぞ遠く彼方にかすんでみえる。
なんとか1ヶ月頑張ってみてやっと150前後を彷徨う有様である。
2段への道は険しい・・・
[PR]

by route884 | 2005-06-28 21:59 | Jazz Sax
2005年 06月 26日

LIVE

b0037676_2347898.jpg
今年は修行に専念すべしと心に誓っていたのだが
誘われるがままにLIVEを敢行。しかしこの意志の弱さが命取りに・・・
最近咽喉を絞めすぎている事に気づき
唇とともに緩める練習を続けてきたのだが
未だピッチコントロールには手がまわらない状態であった故
ユニゾンが全く合わない。
そのうえソロパートでもバッキングとずれを感じるようになり
頭の中は不協和音が飛び交い、耳が麻痺したまま1stセット終了。
メンバーに謝りつつも、もうどうにでもなれとヤケ酒にはしり
迎えた2ndセットはピッチは改善されたものの
アルコールのせいで頭がクラクラで指が動かず・・・     切腹!!!
[PR]

by route884 | 2005-06-26 00:14 | Jazz Sax
2005年 06月 05日

CPCC Vol.1

都内某所で開かれたチャーリーパーカーチャレンジクラブ(CPCC)
パーカーのオムニブックを完コピしてアドリブマスターを目指そうというかなりハイレベルな集まりである。
かくなる小生もアドリブ修練に行き詰まりを感じていた故、いちかばちかで飛び込んでみる。
b0037676_72929.jpg

高価なビンテージSAXを手にした中高年の方々が多数参加していた。
参加者は各々課題曲を独自で練習し、月1回のこの場で成果を披露するのである。
マスターの度合いによってしっかり段、級も与えられるという過酷かつ緊張する会なのだ。
昔プロで活躍されていた会長から講義を受けた後、早速昇段試験に突入!
b0037676_721977.jpg

最初の課題曲は有名なブルース「Now's The Time」
初参加者はまだ教材が与えられていないのでおとなしく見学しているのが基本なのだが
「はるばる仙台から出てきて手ぶらで帰れるか!」とばかりに密かに耳コピして修行していたのである。
とりあえず3級に挑戦。極度の緊張から久々に足の震えを感じる。
結果かなり寂しい内容ながら仙台からやってきた心意気を買われ3級取得。
b0037676_722670.jpg

参加者全員の演奏が終わった後、納得がいかなかった人の為に「泣きの1回」コーナーが始まる。
実はこの時小生多分にトランス状態に達しており、何を血迷ったかいきなり初段に挑戦!
結果またしても寒々しい内容であったが、会長の温情によりなんと初段を頂いてしまったのだ!
b0037676_723567.jpg

緊張の後は呑めや唄えの大宴会となった。
SAX好きが集まるとマニアックな話が当たり前にできるので非常に愉快である。
現役音大生もいて、奏法や練習についてあれこれ質問攻めにするも
返ってくる答えがどれも素晴らしく、眼から鱗状態であった。
「やはり音大に通う人は次元が違うな」としみじみ感じ入りながらも
来月の会合に向けて新たな決意を迫られるのであった・・・・
b0037676_724245.jpg

[PR]

by route884 | 2005-06-05 07:04 | Jazz Sax
2005年 06月 01日

寿

b0037676_2264617.jpg
遂に10000km走破の運びとなった。                                      6年越しの快挙に小生も感慨ひとしおである。
b0037676_2265641.jpg
しかしこんな異境の地でANNIVERSARYを迎えるとは・・・・                            許せっハマナンバーよ!
[PR]

by route884 | 2005-06-01 00:48 | Vespa 三昧