「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2005年 11月 17日

Mute

b0037676_17183290.jpg
買ってから数回使用したきり
今ではただのソフトケースになってしまったミュートバッグ。
広告では「音量60パーセント減」などと謳われていたが
部屋で気持ち良くブロウしていた小生に
外から帰ってきた女房が一言、「響いてるわよ・・・」
しかし遂に最終兵器が登場した。それがe-Saxである。
夜中に部屋で吹いても気にならないくらいの消音効果がありながら
ヘッドフォンを通じて楽器の音はクリアに聞こえるという
至れり尽くせりの代物である。
ただSAXを固定させるのに多少のコツが必要なのと
2kgを超える重さが難点である。そしてお値段も・・・
当分は車内練習で我慢なのである。
[PR]

by route884 | 2005-11-17 22:59 | Jazz Sax
2005年 11月 09日

回想

b0037676_2331752.jpg
LIVEの興奮も冷め遣らぬ翌日
久しぶりに昔通った野毛の町を歩いてみる。
b0037676_2333855.jpg
JAZZ喫茶「ちぐさ」
若き日のナベサダや秋吉敏子が
ここでレコードを聴いては譜面に起こしてJAZZの勉強をし
ヒノテルに到ってはコーヒー代を払う金が無く
ドアにへばり付いてJAZZを聴いたという日本最古のJAZZ喫茶である。
b0037676_23111276.jpg
小生が通いだした頃には
既に創業者にして名物店主であられる吉田衛さんの姿はなく
妹の孝子さんが店を切り盛りしていたが
注文と同時に手渡される分厚いレコードリストは健在である。
コーヒー1杯で3時間近く粘り、申し訳なさそうに帰ろうとすると
「まだ早いわよ!」と言ってくれる孝子さんの笑顔が嬉しかったものである。

b0037676_1361033.jpg     
JAZZ BAR 「DOWN BEAT」
狭い、アルコール無し、私語厳禁
という三重苦(?)を抱えた
「ちぐさ」に対し
こちらは広くてアルコールも有り
其の上薄暗いということで
お疲れの際にはよくここに来て
寝ていたものである。
「ちぐさ」から梯子で
一日が終わることも
しばしばであった。
ネクラな青春・・・
b0037676_13202438.jpg
JAZZ DINING BAR 「491 HOUSE」
こんな洒落た店で食事など小生には無縁な話であるが
Free Chargeで生演奏が聴ける為、ワイン1杯でよく通ったものだ。
中に入ってみると改装したらしく大分広々と感じられる。
そして新たに奏者宛のチップ箱が設けられていた。
b0037676_13203589.jpg
この日はギタートリオの演奏であった。
最近アコギの音色に目覚めはじめた小生にとって
心地よい響きが店内に充満し満足である。
ブランデーの芳香を嗅ぎながら次第に恍惚となってゆくのであった・・・
[PR]

by route884 | 2005-11-09 23:05 | Jazz Sax
2005年 11月 09日

Good-Bye

b0037676_11335043.jpg
激しい雨の中Sonny Rollinsの日本最終公演は行われた。
さすが半世紀以上第一線で活躍しただけあり
客層も白髪の御老体から学生風まで幅広い。
ステージに現れたRollinsは
脚を引きずるようにしてフラフラしながら歩いてきた。
その姿は小生にとって非常に意外であり、且つ時の流れの無情さを感じさせた。
しかし一旦演奏を始めると
大きなT.SAXを上に掲げたり屈み込むようにしたりして
身体を大きくSwingさせながら延々とアドリブを紡ぎ出していた。
15分間の休憩を挟んで2セットおよそ2時間半のうち
3分の2くらいはRollinsがブロウしていたのではないか!
その豪放なまでの力強さと尽きる事無く溢れ出るアドリブの洪水に
ただただ驚愕するばかりである。
ラストは日本のファンの期待に応えるように「St.Thomas」で締めくくったのだが
興奮しながら巻き起こった会場からの手拍子が
まるで映画「Swing Girls」のラストのように前ノリになってしまっているのに
いささか唖然としながら公演は終了してしまった。
Good-Bye Modern Jazz Giants ・・・
[PR]

by route884 | 2005-11-09 11:35 | Jazz Sax
2005年 11月 01日

黄昏

b0037676_18225798.jpg
ついこの間までは
こんな天気の良い日は広瀬川へ練習に赴いていたのだが
そんな熱い想いも東北の冷気にはお手上げの様子で
部屋に篭って音を出さずにフィンガリング練習に勤しむ。
陽も傾きふと窓を見ると赤とんぼが・・・
寒くて部屋に入りたがっているのであろうか。
小生もそろそろ冬眠の時期のようだ。
[PR]

by route884 | 2005-11-01 18:23 | Jazz Sax