<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 29日

裁ちそば

b0037676_18465077.jpgふと蕎麦が食べたくなったので
どうせ食べるなら美味しいやつをと、お気に入りの「百全」へ行く
もり蕎麦1枚で800円越えと少々お高めのため、足繁く通うには難があるが
Webサイトにて「復興応援価格、全品500円!」という記事をみつけ
今しかないということで馳せ参じる








b0037676_18463619.jpg店内に通されると、まず蕎麦湯ときのこの漬物がだされる
小生、きのこは好きではないのだが
これは味といい食感といい美味しく感じてしまう
こちらの蕎麦は、蕎麦粉と水のみでつくる
正真正銘、蕎麦粉100パーセントの蕎麦である
普通だとぼそぼそになったり繋がらなかったりするものだが
「蕎麦粉が違うみたいですねぇ」とは店主談
薄く平たく伸ばした蕎麦粉をたたんで、上から押すように切るのではなく
紙をカッターで切るようにすぅ~っと1本づつ切っていくので
「裁ちそば」というのである




b0037676_18461969.jpg想像するに、気の遠くなるような作業だなぁなどと言っているうちに
美味しそうな蕎麦が運ばれてきた
小生はどちらかというと小食なほうであるが
それでもこちらの盛りは多少もの足りない感があるので
思い切って3人前たのんでみた
2人前と1人前に分けて、時間差で提供する心配りがナイスです
以前食べた時よりもちょっと固めかなとも思ったが
豊かな蕎麦の香りと出汁のきいた濃いめのつゆがとても旨い





b0037676_184602.jpg「10月になると新蕎麦がでるので、一段と美味しくなりますよ」と店主
さすがに新蕎麦からは通常の値段に戻すそうだが
それでもまた来たいと思わせる蕎麦であった
しかし3人前はやはりきつかった・・・

腹肥ゆる秋
[PR]

by route884 | 2011-09-29 18:47 | 食い道楽
2011年 09月 12日

JSF 閉幕

b0037676_23221433.jpg定禅寺ストリートジャズフェスティバル2011は大盛況のうちに幕を閉じ
小生のバンドも無事に演奏をこなすことができた
会場となった東北電力ホール1Fは屋内、空調完備、控え室もあり
さらにはステージにモニタースピーカーもありと良いこと尽くしで
ちょっとプロミュージシャンにでもなったような待遇の良さであった
こちらの会場で演奏するバンドの面子はかなりクラッシック寄りであり
客層もどちらかというと身なりの整った中高年といった感じだったが
途中退席する姿もほとんど見られず、立ち見までして頂いて
本当にありがとうございました。
無理やり付き合わせてしまった感のあるロックギタリストも
わざわざ新しいギターを購入し、MCの為の入念な下調べまでして気合十分
緊張で声を上ずらせながらも本当によくやってくれました
また来年もヨロシク!
[PR]

by route884 | 2011-09-12 23:41 | Jazz Sax
2011年 09月 06日

Jorker 90

b0037676_17275185.jpgベスパにかわる新しいスクーターを購入!
今回は国産で、HONDA JORKER 90 ブラックボディー
本当はまたベスパに乗りたかったのだが、中古でも20万近い価格に挫折
国産の小型2種はどれもデザインがいまひとつで、乗る気になれない
やっと見つけたのがベスパよりも年式の古い JORKER 90








b0037676_17281134.jpg噂通りの幅広なハンドル
ミラーもかなり張り出していて、すり抜けは多少難儀な感じである
しかし驚いたのが乗り心地の良さ
肉厚のシートに柔らかめのサスが相まって
まるで高級ソファーで移動しているよう
ハンドルのグリップ感も良く、気持ち良くツーリングできる
ベスパなんて1時間乗っただけで
手がビリビリ痺れるほどの振動だったからなぁ
ついつい嬉しくなって、震災以降初めてのぷちツーにでかける
コースは県道118号線を樽水ダムから村田にぬけるお気に入りのやつ



b0037676_17282835.jpgしかし、いきなり問題が発生
震災による土砂崩れで通行不能とのこと
残念ながら引き返そうかとも思ったが、せっかくだから被災現場を見に行く










b0037676_1729498.jpg「村田町」の看板を過ぎたあたりで、突然現場が現れる
案の定、土砂や倒木で道路が完全に塞がれてしまっている
ここまでかと思いながらジョーカーを降りて辺りを散策すると
オフバイの皆さんがこしらえたのか
土砂を迂回するための細い道が茂みの中を貫いている
しかしさすがにジョーカーで通るには心許ないので
雑木をどけ、道の凹凸を足で適当にならしていく
アクセル一発、後輪を滑らしながらもなんとか通過する





b0037676_17292295.jpg村田町から釜房湖にぬけ、一先ず休憩
ドライブインでソフトクリームを食べていると
見たこともない車両が突然現れる
車体をよく見ると「水陸両用」の文字が
どうやらこのバスは釜房湖まで客を乗せて走って行き
このまま湖へ突っ込む?らしい
客は数えるほどしか乗っていなかったが、新たな観光名物になるのやら・・・
[PR]

by route884 | 2011-09-06 22:34 | Jorker 疾走